カーボン クラック リムバー one【CCR-1】はガソリンエンジンの吸気系から燃焼室までに、専用の注入器を使用して直接洗浄液を注入します。
通常は分解ということになりますが【非分解】で効率よく綺麗にしてしまうアプリケーションの一つです。

自車の吸気負圧を使って、吸気系から注入してクリーニングしますから燃焼室まで送り込むことができます。 また、吸気バルブや傘の部分に堆積したカーボンにクラックをゆっくりと発生させ燃焼室まで送り込まれた【CCR-1】が今度はピストン・シリンダーヘッドに付着したカーボンにクラックを与えながらはぎ取っていきます。

CCR-1によって少しづつ汚れを落として、その後100kmほど走行していただくと100%とはいきませんが綺麗な状態になります。ただ、過走行のお車には「カーボンぶっ飛ばし大作戦」をお勧めです。

660ccまで   3240
1500ccまで 4320
2000ccまで 5400
3000ccまで 6480

Q:CCR-1を施工したら燃料添加剤の使用は必要ありませんか?
A:CCR-1は吸気/排気バルブ及び燃焼室の洗浄に効果を発揮します。但し、インジェクターの洗浄は行えませんので、CCR-1施工に合わせて燃料添加剤のご使用をお薦めします。

Q:どれくらいのタイミングでCCR-1を施工したらよいのでしょうか?
A:走行10,000km走行毎または1年毎の施工をお薦めします。

Q:CCR-1の施工時間はどれくらい掛かりますか?
A:お車にもよりますが、通常30分~60分掛かります。

Q:オイル交換はした方が良いですか?
A:CCR-1施工後、100kmほど走行後オイル交換をすることをお勧めします。

Q:6万キロほど乗っていますが効果はどうでしょうか?
A:過走行のお車の場合は、連続注入がベストです。1度施工してから100kmほど走っていただき、またCCR-1を施工していただきますと効果があります。

Q:カーボンぶっ飛ばし大作戦と何が違いますか?
A:CCR-1の名前の通り「カーボン クラック リムバー ワン」それは、カーボンなどの付着物に洗浄液を浸透させるためにクラックを誘発させ洗浄液を効率的に浸透させますが、やはりピストントップやピストンリングなどに付着している頑固なカーボンは【CCR-2】とのツープラトン非分解攻撃でより効果が表れます。それが「カーボンぶっ飛ばし大作戦」です。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
お問い合わせはこちらへ → フォーム
お電話の方はこちらをタップしてください。→ 048-972-6781